使い道が残っているインクカートリッジ

部品ごとに分けられる

プラスチックの部品

インクカートリッジのほとんどはプラスチックです。
部品を分別されてから、プラスチックは綺麗に洗浄されます。
そしてよく乾かしたら、粉砕されます。
粉砕することで、新しい製品に生まれ変わりやすくなります。
みなさんの周りにも、プラスチック製品がたくさんあると思います。
それらはもしかしたら、元々はインクカートリッジだったかもしれませんね。

プラスチック以外に、貴金属もインクカートリッジに使われています。
回収されて溶かし、また新しい貴金属をつくることもできます。
そのように使い終わったインクカートリッジでも、ゴミにならないと理解してください。
地球に住むみんながリサイクルすることが、環境を良くすることに繋がります。

資源を何度も使うこと

それ以外の部品は、燃料にされることが多いです。
これまでは何かを燃やす燃料に、資源を使っていました、
しかし資源を大量に使うと、なくなってしまいます。
できるだけ資源は、無駄遣いしないよう節約しなければいけません。
インクカートリッジを再利用して燃料にすると、資源を使わなくて良いので助かります。

小さなインクカートリッジ1つでも、たくさんの部品が付いているので様々な場面で活用できます。
適当に処分していた人は、改めてください。
子供にも、積極的にリサイクルすることを教えてください。
小さい頃から教えることで、大人になってから当たり前のようにリサイクルできるようになります。
親子で一緒に、インクカートリッジをリサイクルしましょう。